2008年08月01日

発表会直前の練習方法

発表会などが近づいてきたときの練習は
どんな風にしていますか?

時間をかけて練習した場合は
もう自分が飽きるほど曲と接していて
何回も間違えたり弾けなかったりしたところを
じっくり直して
もうこれ以上できないくらいにカンペキにしていても

思わぬ落とし穴のような状態になることがよくあります。

特に直前にいつも同じテンポで発表会のように
弾いていると
できていたところが急にできなくなったりすることさえあります。

ですので
直前とくに一週間前くらいになったら
あまりいつも早く弾くのではなくて
少しゆっくりで指の感覚とか力の配分を
確認しながら練習するようにするのをおすすめします。

そうするとバーンアウトのような状態になってしまう
のも防げますし、
暗譜のあやふやなところとかも再確認できると思います。

長い時間をかけて練習してきたことを台無しにしないように
練習する方法も自分でみつけられるように
指導しています。
posted by 小川先生 at 21:31 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。