2009年01月21日

やりたい曲をマスターするために

ピアノを習っているとやってみたい曲がでてくるものです。
それはいろいろな場面で遭遇した曲で、
ふと聞いたとか、コンサートで聞いたとか・・・

ただその曲のレベルが自分にあっているかどうかは
好きになるということとは別次元の場合が多いです。

たとえレベルが難しくてもやり始めると
結構がんばって練習できるので
思ったより弾けたりします。

しかし、あまり難しいものを急にやると
やはり途中で挫折しやすいのも確かです。
テクニックや、譜読みの段階でつまづいてしまうのは
仕方ありません。レベルがまだ追いついていないのですから

講師の立場から言うと、
そのために少し低めのレベルの曲を練習してから
やりたい曲に再チャレンジするのがおすすめです。

そうすると足りなかった面が補充されて、
やりたい曲の演奏に近づくことができるようです。

もちろん、あまり興味がない曲でも
やりたい曲のためにがんばれるというのもとても
有効です。

目標を持って練習するときほど楽しく、充実した
レッスン時間はないでしょう。
posted by 小川先生 at 21:21 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。