2009年03月02日

時間のかけ方

曲をたくさんやってみるのと、じっくり
1曲を練習するのと、どちらがいいのかというご質問を
たまに受けます。

とても熱心な方でなければでない質問だなと
いつも思います。

私としては、その生徒さんの様子を見ながら、
1曲をじっくりと時間をかけるときと、
いろいろな曲をどんどんやってきてもらうときとに
分けています。

この生徒さんにとってそのときそのときに
必要なことがあるので、それを大事にしながら
あるときは少し難しい曲をゆっくりやるときもありますし、
いろいろな形の曲を学んでほしいときは
ある程度弾けたら、個人で練習しておいてもらって、
新しい曲に入ることもあります。

もちろん、そのときの状況や曲の
内容などによって異なります。

また、前にやった曲を自分で弾いてみて
疑問があったら、それにもお答えできますので
いろいろな状況に合ったレッスンができると思います。


posted by 小川先生 at 21:00 | 日記