2009年03月04日

同じ曲を何回か練習してみましょう

一度やってみた曲をしばらくしてから
弾くのはとても楽しいものです。

弾いたことがあるので楽譜は覚えていても
弾くのには少し時間がかかることはありますが

弾けるまでの時間は最初よりも
短くてすむことが多いです。

ただ曲想は、不思議なもので
最初のときに出会ったときとは違う感覚で
弾くことができるようです。

それはなぜなのかと考えてみました。
やはりそのときの状況や気持ちも違うので
感じ方が変わっていることもありますが

曲を客観的にとらえることができるのではないかと思います。
最初は譜読みも無我夢中なので
全体像をとらえるまでいってない場合が多いのですが、
何度か挑戦していると、違うところで
ここはこうしようとか、新たに生まれてくるものです。
それで、より深く曲を理解することができるのではないでしょうか。

簡単でつまらないと思っていても、
ためしに前に弾いた曲の本をたまに
開いてみてください。

一段と音楽の楽しさをしることができるかもしれません。

posted by 小川先生 at 23:36 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。