2009年06月22日

力をこめるとは

力をこめるときに必要なことはなんでしょう。

もちろん、力をどれだけこめられるかです。
でもそれだけで大きな音が出せるかというとそれは
そうとは限りません。

特にピアノの場合、一瞬にうまく力をのせられるかが
一番大切です。

一瞬の力とは簡単にいうと、力を入れる前後は力をいれていないで、
その弾く瞬間だけ力を入れるということなのです。

逆に言うと、力をいれた前後は全く力をいれない
そこに、力をこめるヒントがあります。

そういう練習が実はとても大切で、
普通筋肉トレーニングなどで鍛えるものとは
まったく違うものです。
一般的なトレーニングは力を長く維持できるような
ことを主にやりますが、ピアノの場合は
それとはある意味逆のことが重要なのです。

そのため、ピアノを弾くことによって
背がのびないとか、手が小さくなるということは
ほとんどないのではないかと思います。

有名なピアニストの身長や手の大きさは千差万別です。
それぞれの体に合った演奏をしているのです。



posted by 小川先生 at 23:15 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。