2009年07月11日

いろいろな曲をとりいれましょう

同じ曲をずーっと何回も弾いている近所の方が
いました。その人は習ったこともなく、
たまたま、親が使っていたピアノがあったので
それを弾いて1曲だけ大好きなフォークソングの歌を
弾いていました。

それはそれで、本人が楽しいのでいいのではないかと
思います。

ただ1曲だけを弾き続けるといつも同じ筋肉を使い、
同じ体勢を続けるのは体に負担がかかる場合があるようです。

特に難曲を練習すると、どうしても
1日に同じ曲を練習する時間が長くなり、
その上期間も長くなります。
そうすると、それでなくても難しいパッセージなどを
演奏すること自体が体に辛いのに、それを
持続することで思いがけなく体調を崩してしまうことも
考えられます。

ですので、あまり長くになってしまいそうな時は
過去に弾けるようになった曲や少し簡単で
違う弾き方をする曲違う場所がたくさん出てくる曲を
弾いてリラックスすることをおすすめします。

そうすると、逆に使わない筋肉などをきたえることによって
よく使う筋肉の補強になることもあるようです。



posted by 小川先生 at 21:07 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。