2009年11月03日

両手の奏でるハーモニー

ピアノは両手で弾きます。
最初は両手で違うことを弾くなんて
大変そうだし、できるかなと思うでしょう。

最初はもちろん片手から初めて・・・
右手ができてきたら左手もできてくると思います。

そしたら、両手で弾いてみましょう。
すると、とても不思議・・・
両手の音がはもっているのに気がつくと思います。

右手と左手は違う動きをしていますが、
両手でひとつのハーモニーを奏でているということに気づくと思います。
そのハーモニーがピアノならではなのです。
1人で2つのメロディーを演奏し、2つまたは和音があれば
2つ以上の音のハーモニーを演奏することができるのです。

それは慣れてくるととても楽しいものです。
自分に聞こえてくる音楽はいろいろな味や香りを楽しめる
おいしいお料理のようです。

posted by 小川先生 at 00:17 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。