2010年02月22日

いろいろな曲に興味を持ってみよう

ピアノを初めて何年かたつと
少しやる気がでなくなってくることがあります。
やりたい曲も何曲かできるようになり、
指も動くようになってきたので
焦って練習する必要がなくなってきたのでしょう。

そういう時は今までやったことがない時代の作曲家や
ジャンルの曲に目を向けてみるとよいと思います。

自分が好きでない曲は苦手な場合が多く
それで遠のいていることがよくあります。

それをあえて練習することによって
自分の得意でない部分を知ることになり、
そこに練習の意欲が出てきます。

また、あまり興味がなかった曲も
やってみると、思わぬ発見があり、
楽しさを見出すことができますし、
自分ができなかった表現やパッセージが
できるようになるまで練習することによって
技術の向上も得ることができると思います。

今まではちょっと弾く気があまりしないと思っていた
分野にちょっと手をのばしてみましょう。

それまでとは違った面白さを見つけられるかもしれません

posted by 小川先生 at 00:13 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。