2010年05月13日

自分が伸びるときは

自分の実力が伸びるときを認識することは
あまり多くないと思いますが

それは自然に起きるのではなくて
自分が何かをできるようになるまで続けている人なら何度か
経験できるのではないかと思います。

勉強ですと、できなかった問題が簡単にできるようになったとき
とかテストの点数がすごくアップしたときが
そうですね。
運動ならできなかった技ができるようになったり、
走るタイムが速くなったときでしょうか

ピアノの場合は今まで弾けなかった場所が
弾けるようになったり、いつも止まってしまうところが
なめらかに自然に弾けるようになったりしたときが
そうですね。

ただそういうことは必ずある期間練習を続ければできるという
ことはありません。またできた人と同じ練習をすれば
誰にでもできるようになるということはないと思います。

誰にも予測できないときに、突然やってきます。
長い間かかることもありますが、思ったよりすぐにやってくることもあります。

とにかくゴールのことを考えずひたすら
続けているとそういう素晴らしい状態になることができるように
思います。

もちろん当ピアノ教室では近道を教えることができますので
ぜひいらして下さい。


posted by 小川先生 at 17:29 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。