2010年05月16日

ブランクがあっても大丈夫な楽器

昔取った杵柄ということわざがありますが

音楽特にピアノとヴァイオリンはそのことわざがとてもふさわしいと
思います。指を細かく動かす動作が中心なのと日常とは
違う手の形で演奏するということが深く関係しているように思います。

ちいさいころに少しでもピアノやヴァイオリンを
習っていた方は、長いブランクがあっても、
大丈夫です。

それに比べ、管楽器や声楽は逆にちいさいころ習っていたかどうかは
あまり必要性は低いようです。
声楽の場合は、小さいころから歌っていたとしても、裏声でなく
地声であることが多いということで、
管楽器はちいさい人ようのサイズの楽器が少ないので
中学生以上でないとできないということもあります。

もちろん、幼少期にやっていなくても、やる気があれば
全員上手になることは可能です.


今は生涯学習という言葉の通り
やりたいなと思ったときが始めるときだと思って
レッスンにいらしていただきたいなと思います
posted by 小川先生 at 00:15 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。