2010年06月10日

自分に合ったレベルの曲の功罪

何かをするときに

これなら大丈夫とか安全なところに
目標をおいていませんか?

特に発表会や結婚式など人前で演奏するときや
ステップやコンペティションなどを受けるときに
自分が普段練習しているレベルよりも
下げた方が無難ということで簡単な曲を選択することも
多いと思います。

ただ、そこでもう一度考えてみて下さい。
確かに今のレベルではその曲しか弾けないかもしれません
けれどもその発表の日はまだ先だとしたら
もっと自分がレベルアップスキルアップしていることも
考えてみた方がいいと思います。

半年ぐらい先とか1カ月先ですと
思ったより予想以上に上手になることも
よくあることなのです。

私はそのため少し高めのレベルの曲を
推薦することが多いです。
もちろんできるかどうかも判断しています。

自分のレベルは予想以上に飛躍していきます。自信を
持って、少し高めのレベルの曲に挑戦していきましょう。
posted by 小川先生 at 23:56 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。