2010年08月22日

演奏中はストップできません

音楽は休みがないです。

一度始まると終わるまで一定の速さで曲が進み、
休符などありますが、その間も音楽はとまりません。

そのため、演奏する人は一時たりとも
気をぬくことができません。

休みは音がなっている間と相対的なもので
音の一部であるといえますので
ただぼーっとしていることはできません。

演奏者ははじめたら最後まで
責任を持っていかなければならないのです。

ですからいつも演奏しながら次の小節を
見て、次の演奏に備えて行かなければなりません。

いつも演奏しているところとその先を同時に
理解していくことが必要になってきます。

posted by 小川先生 at 00:28 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。