2010年11月25日

あきらめないことが大事

習い事をしているとだんだん難しくなっていくのですが

とても難しい曲に遭遇することがあります。
またある程度長く続けていると、新しいことの連続になり
難しすぎるのかなと思うことが増えるようです。

そこで大切なのは
「できない」と思わないことではないかと思います。

確かにそれまでの自分のレベル以上の内容かもしれないし
1週間練習したぐらいではさっぱりできずに
できるようになる糸口がつかめないこともあると思います。

ただできないと思ってしまうと、自分ができることを
自分であきらめてしまうように思います。

あきらめないということがとても重要です。
すぐにはできないけど、時間をかければできるとか
何かコツをつかめばできるとか必ずあると思います。

つまり、できることからはじめるというのが
クリアするのに重要なキーワードなのではないかと思います。

両手ができなくても片手からがんばるとか、
10小節がどうしても続けて弾けなくても
2小節ずつ弾けるようにしていって少しずつ
できる小節を増やしていくというやり方を
おすすめします。

もちろん当教室に通っていただければ
いろいろな壁へのアプローチを指導いたします。

とにかくあきらめないで、自分のできることから
すすめて行ってください。必ず自分のスキルアップが
できると思います。


posted by 小川先生 at 23:10 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。