2007年05月22日

アコースティックピアノは呼吸しているみたい

ピアノって生きているなって思うときがあります。

雨が降っている日は
ちょっと鍵盤が重たくなり
早く弾いてもちょっと重々しい感じがします。

からりと晴れて風が爽やかに吹いているような
日は
鍵盤もさっぱりと軽くて
音も遠くまで澄んだ音でひびきます。

乾燥しているほうがピアノ自体にはいいんですね。

弾くと分かります。
ピアノって呼吸しているんだって・・・

電気ピアノだと味わえないです。

posted by 小川先生 at 22:04 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。