2007年06月07日

表現には重心の移動も必要

音楽はいろんな作曲家の曲を演奏します。

それぞれの作曲家の生まれ育った環境や、
その時代の楽器の状況や
流行などが関係しています。

その他、
作曲家それぞれがもつ息遣いというか
リズムがあります。

中には民族音楽を引用したものもあり、
そういうものは楽譜にはあらわせないほどの
微妙なリズム感がひつようになります。

有名なショパンの作品は民族音楽のリズムが多様されていて、
ワルツといってもヨハンシュトラウスのような
華麗な舞踏音楽ではなく
3拍目に少し重さというか長めにひくという特徴があったり、
します。

そういうものはやはりいろんな演奏家の
演奏を聴くことから勉強を始めるのが一番の
近道ですが、
たとえ頭で理解しても
それを表現する段階でとてもむずかしいときがあります。

そういう時はどこかちょっと重心をずらたしたり
いろいろな奏法を工夫して
やると案外できるようになることがあります。

ちょっと左足に力をこめるとか
うしろにのけぞって弾くとか
すると
思わず簡単に表現できることがあります。

演奏法はとても工夫が必要です。
posted by 小川先生 at 23:08 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。