2016年11月20日

空中技

ピアノを初めて1年ぐらいすると、
手が下がってしまうことを治せないということがよくあります
指が動くようになって、力がいれられるようになる生徒さんがよく
陥る事象です。

そこで、手のひらにボールがはいるような形で、とか
ジャンケンのグーのような形でとか、教えるのですが
なかなかうまくできないようです。

力をいれすぎてしまうことが原因として挙げられますが
あとは、弾いていない指をいかに力を抜けるかということに、
かかってきます。
力を入れるときと抜くときが区別できるようになればと思うのですが
かなり、抽象的な感覚なので、小さいお子さんが理解するのは
なかなか大変です。

私は、あとはじっくり、生徒さんが体得するのを待って
あきらめずに、教えていきますが、
できるようになった時の本人のうれしさはすごいものがあります
楽に楽しく弾けるようになるからです

できるようになった生徒さんには
心の中で、「空中技ができるようになったんだね」とつぶやきます


posted by 小川先生 at 23:42 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。