2017年05月15日

間違えに気づく

新しい曲を練習していると、同じところでまちがえてしまうことがよくあります。
そういう時に、まちがえてしまうことに気づくことができるかできないかが
これから、できるようになるかがかかってきます

気づくためには自分の演奏を聞けるということが大事です
音が違うということに気づくことが出来れば
どの指が間違っているのかを気づくことができて、
そこの場所に気を付けることが出来ます

posted by 小川先生 at 18:18 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。