2007年06月28日

同じ表情記号でも弾き方違う

同じフォルテやメゾフォルテも
曲やその他の流れとともに
演奏の仕方が全然違います。

がんがんと大きく弾くときもありますし
びよーんびよーんと幅広い音のときもあります。

それぞれ鍵盤のさわり方から
力のいれかたまで
さまざまです。

それはやはりいろいろな曲を
やっていくうちに
自然に
これはこういう風に弾こうとか
ここは大きい音だけど
さらりといこうとか
分かってきますね。

いっしょにいろいろな曲を練習して
いろいろな表現方法を身につけていきましょう。

posted by 小川先生 at 23:46 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。