2007年08月31日

対面して弾く場合

連弾と二台のピアノの演奏は
少し違います。

連弾は1台のピアノに2人並んで演奏するので
相手のことがよく見えています。
だから
あわせやすいです。

でも2台のピアノだと並んでいても少し遠くなるので
顔を見合さないとわかりくくなります。

まして二台を対面式にしてしまうと
顔は見えますが手は全く見えなくなります。

だからあとはピアノの音だけが便りになります。

耳でよく聞きながら相手とうまく合わせる。

何回も練習しているからこそ
音を頼りに合わせられるようになるのですが

それこそ呼吸が合って演奏がうまくいくと
とても楽しいし充実感も味わえます。
posted by 小川先生 at 22:52 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。