2007年09月01日

速い曲を確実に弾けるようにしたいとき

速い曲を演奏するときは

最初はゆっくりで確実に練習しますよね。
それでかなりひけるようになってから
どの速さで弾く曲なのかを
確認して
自分ができる速さを探しながら
だんだん速くでも弾けるようにします。

でもいつも速くばかり弾いていると
だんだん崩れてくるというか弾けないところが
でてきたり
どうもいつも同じ場所で間違えたりします。

ですので
何回かに1度とかたまに崩れないうちに
ゆっくりの練習もいれることをおすすめします。

またどうしても間違えてしまったり
音が抜けてしまったりするようであれば
そこを特に何回も多めに練習しましょう。

そういう試行錯誤を繰り返しながら
練習するのがいいです。

ただゆっくりの練習が長すぎるのもよくない場合があります。
やはり速い曲は速くひくときどういうニュアンスや
音量で弾くかをよく体得していなければならないので
速いテンポもまだ確実でなくても
たまにやっておくのも大切です。

posted by 小川先生 at 23:59 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。