2007年10月22日

絵画のような複雑な表現の種類

有名な人の書いた絵画をよく見に行きます。
忙しいときでも
シャガール・ルノワール・ゴッホ・東山魁夷など

あなたは絵画鑑賞お好きですか?

私は学生のときから上野に通っていたことや
母親が好きだったのでよく出かけました。

有名な絵画展だと人気があって
とても混んだりしていました。

その中で特に印象に残っているのは
「モナリザ」でしょうか。

確か小学校の頃長い長い列に並んでヤット見られたその絵は
私が小さかったせいか
とても上のほうに飾ってあって
見上げてみたのですが
とても大きく感じたものでした。

絵画の色合いはとても複雑で
画家それぞれの色があり
画面の中に無数の色の組み合わせがあり
それがとても興味深いものでした。

同じ空の青で水色あわい青色雲の白や灰色がかった色、
夕暮れ雨が降りそうなグレー・・・

同じ絵画の中でもいろいろな
色で構成されています・・・・

ピアノの演奏もそのような数え切れない種類の
音色.音質があると思います。

そういうのも描き分けるように
弾き分けることができると
一段と楽しいと思います。
posted by 小川先生 at 19:24 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。