2007年11月15日

モーツアルトは跳ねて弾こう

モーツアルトのオペラアリアを
歌うのが得意というソプラノ歌手がいたら

だいたい
高い音をころがすようにうたう
コロラトゥーラの声なのかなと
思う方多いと思います。


実はピアノ曲もちょっと独特です。
というのも・・・・

軽く弾くのが常套とされているからです。
軽くといってもあまりよく想像できないと思いますが

要するにひとつひとつの音を
ヴァイオリンでいうとピチカートのように
はじいているようにはねているように
弾くのです。

あまり次の音とつなげてひくというスラーのような弾き方は
たまにあるのですが
特に表現記号がない場合は

全部ほとんどスタカートとテヌートの中間くらいな
弾き方なのです。

モーツアルトの曲はそういう奏法で弾けば
とてもレベルが高いということにもなります。

作曲家によって時代背景や
ピアノの発達の状態によって
かなり演奏法が違います。

posted by 小川先生 at 23:58 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。