2007年12月18日

ピアノ弾き同士の合奏

ピアノは独奏も合奏もできます。

合奏は基本的にどんな楽器もできますが

伴奏も汎用化されていてなおかつ独奏楽器としても
使われるのはとても特異な存在であることは確かです。

でもピアノ同士つまりピアノ弾き同士の合奏となると
機会がとても減ります。

連弾はまだ1台でもできますが
それ以上の台数を使う曲となると
場所とあわせる人のスケジュールあわせなど
やらなければならないことが増えるからです。

当教室は同じレッスン室に2台のピアノを並べていますので
レッスンはもちろん練習にもお使いできます。

ぜひご活用ください。

posted by 小川先生 at 23:59 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。