2008年02月25日

調律師は年に一回

生ピアノを使っている場合
調律はどのくらい前にやりましたか?

御両親が小さいときに使っていたいたピアノを使ってお子さんが
弾く前にできれば
調律をしてもらったほうがよいようです。

特に毎年ちゃんと調律をしてもらっているのなら
すぐ弾いても大丈夫ですが

しばらくやっていない場合は
必要だと思います。

湿気の多くないところで保存していても
しばらく弾いていないと
ほこりが弦に付着して
それでそこに湿気が思いのほか含み
ひどいときは錆びが出現して

急に弾くことによって
弦が切れてしまうということもあるそうなのです。

調律師でさえそういうピアノは
扱いがとても難しいそうです。

弾いても弾かなくても調律は毎年
1年に1度はやることをお勧めします。


posted by 小川先生 at 23:41 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。