2008年03月03日

感覚を育てるとは

ピアノだけに限らず音楽を
勉強またはよく聞いたりすると

対人関係もよくなるように思います。

音楽はいろいろな面で洞察力を養うことができるようです。
言葉や文章と違って感覚でいい音楽かとか
正しくひけているかとか
明るいとか暗いとかを感じることになるからです。

相手の気持ちや状態を知ることができる感覚と
同じ部分を使うので
鍛えられるというか発達するように思います。

またふつうの生活と違って得意な条件を
満たさなければ表現できないので
たとえば同じ速さで弾くとか
表現記号のルールに従って演奏するとか

社会生活に必要なルールを守るということも身につくのではないでしょうか

勉強することや練習すること以外の
感覚を豊かにするといっても過言ではないと思います。
posted by 小川先生 at 23:31 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。