2008年05月27日

直に薬を処方してもらうように

なんでもそうかもしれませんが

マニュアルのとおりにやっても
完全にできるということはないです。

確かにマニュアルには一般的な説明が
一様にのっているので
たいがいの問題は解決するでしょう。

ピアノの練習もよく思います。
楽譜を読んでそのとおりに弾く。
分からない言葉や記号は本で調べる

指の番号が書いてあったらそのとおりに
弾いておけば弾けるという風に
考えていても

いざ弾いてみると
説明書にはのっていない
いろいろな疑問点がでてくるのではないでしょうか。

やはり直に先生にみてもらうのが
一番の早道のようです。

お医者さんもそうですね。
風邪ひいたからといって
市販の風邪薬で治ればいいのですが

そうでない場合もあるでしょう。
そういうときにお医者さんは
患者さんに直に会って顔色などの
総合的なもので判断して
悪いところを見つけて
それに合う薬を処方したり
します。

ピアノなどの楽器を学ぶには
その人の総合的なものを
みてもらって
より上手になる術を教えてもらうと
いいと思います。

posted by 小川先生 at 21:52 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。